2013年福知山花火大会 露店爆発事故 に対する茨城県の対策



2013年福知山花火大会 露店爆発事故では、当時の店主が(発電機用
ガソリン燃料が入っていた)携行缶を、(携行缶の)内圧を下げる
操作
しないで蓋を開けたことによって、大爆発を起こした
ようです。

茨城県では、(行政指導で)イベント用電源を、イベント
主催者側が集中管理していたようです。